家の不要な本やCDなどを処分したい。

でも少しでも高く買い取って欲しい。

自分で売ることが一番

不用品を私どもや古書店、リサイクルショップに買い取ってもらうと買取価格に不満ですよね。

できるだけ高く処分したい人は自分で売りましょう。

売り先はさくさんあります。

アマゾンマーケットプライス、ヤフオク、メルカリ、その他のサイト。

Amazonのカタログ価格に近い価格で売れる場合があります。

それは大変ラッキーです。

是非やってみましょう。

家、部屋を早急に片付けたい人には不向きです。

断捨離でささっと家を片付けたい人は出張買取が一番楽です。

きれいな物が高く売れます

買取も販売も、中古商品はきれいな物が喜ばれます。

見栄えが良ければ少しですが価格は上がります。

もしも未開封のCDがあれば高額買い取りのチャンスがあるかも。

自分で売る方法

アマゾンマーケットプレイス、ヤフオク、メルカリ。どこでもそうですが自己責任で販売します。

出品、売れてからの梱包・発送、クレーム処理等々。自分で全部やります。

そうしたら少しでも買取よりも高く売ることが可能です。

細かい方法は検索で探してください。

私が教えてもいいのですが指導料は高額になります。

覚えても覚えられなくても1時間3万円くらいになります。

1日だと5万円から10万円くらいが相場となります。

1日と言っても4時間程度です。

そんな事に時間を掛けるくらいなら出張買取をお呼びください。

アマゾンマーケットプレイスの価格が売れる価格とは限らない

私の場合はAmazonのカタログの価格を参考にして買取価格の査定をします。

Amazonの中古価格から「売れる価格」を探します。

次に、最悪でも売れる価格を想定します。

想定した売れる価格から手数料を引いた金額を算定。

1個の商品の受取予定金額が出ますので作業手数料を引きます。

残った金額の半分が買取価格としています。

推定3000円以上で売れるだろうと予想した商品です。

推定販売価格1000円~3000円の商品は100円~300円の買取価格が大半になります。

実際にはこれに売れる早さも加味されますので商品を見ないと査定ができません。

推定販売価格が1000円以下の商品は100円以下の価格での引き取りです。

自分で販売か買取依頼かはよく考えてお決めください。